黒すぎるブラック企業の実態「海外旅行という名の密輸を命じられる」「社長が経費で風俗に通って人件費カット」

9月10日(火)6時30分 キャリコネニュース

黒すぎるブラック企業の実態

就職先は選べるが、上司を選ぶのは難しい。「上司に恵まれていれば辞めることはなかった」という人は少なくないはずだ。キャリコネニュース読者から寄せられた「社員の士気を落とす上司・社長」にまつわるエピソードを紹介する。

技術職の30代男性は、元勤務先で上司から数々の嫌がらせを受けた。「駐車場でわざと車を出しにくいように幅寄せされる」といったものから、

「部品を却下された際の手配は自腹。年末に社屋の外を掃除していたら、わざと水をかけてくる。面接時の話とまったく違う仕事をさせられて、私が成果を出せなかったことに『騙された!』と。そして毎週のように送迎をさせられていた」

といじめやパワハラじみたものにまで及ぶ。上司の横暴な態度は男性だけでなく、「更衣室で着替えている最中の人がいるのに、わざとドア全開で出ていく」といったことや「自殺未遂した人に向かって『忙しい時に休みやがって』」といった発言をされた人もいる。

一度、労基が入ったものの「誰かもう一度、労基へ」の声があがる

営業職の30代男性は、過去に2つの会社で辛酸を嘗めた。1つは出合い系サイトを母体とする会社だ。元々はテレクラで成り上がった社長だという。

「少し売上が下がると給与はどんどん下がりました。社長は遊びの事業だったらしく、どうなろうが構わない感じでした。国税の査察が入った際、社長が連絡不能になって職場は滅茶苦茶になりました」

通信系の会社で務めていた時には、面接では「残業は20時まで」と聞いていたが、初日に日報のメール時間を見ると26時だった。実際に出勤日の9割が26時までの勤務で、タクシー帰りの日々だったが、周りの人たちに恵まれたので渋々続けていたという。

「労基が入った後、専務は『タクシー代は社長の計らいで支払います』と言っていましたが払ってもらえませんでした。しかも9時〜26時の勤務が当たり前に続く中、それでもピンピンしてる人の生産性を基準にして給料が決められていました」

当然、この勤務体系は長く続かず、社内では「誰かもう一度、労基へ」の声が挙がっていたという。

お寺で働いていたとき、雇用契約、法定休日、勤務時間などは「仏門には関係ない」

塾を経営する会社で働く40代男性は、「社長(塾長)は毎日、ソープかキャバクラ通い。すべて経費で落とされるので、時給がどんどん下がります)と明かす。

「そのうえ休みのときには、海外旅行に連れて行かされ、ロレックス時計の密輸を命じられます。株式会社ですが、株主は塾長のみ。従業員は全員アルバイトです」

従業員の入れ替わりが激しく、塾はもうすぐ潰れるそうだ。しかし男性は、「その時の塾長の顔を見たいがために、まだ働いています」という。

ほかにも、

「昔お寺で働いていたとき、雇用契約、月の法定休日、勤務時間などは『この世界には関係ない』と言われました。さらに基本給も住職の気分次第で、気に入っている人は高く、気に入らない人は低い。何もかもが住職の気分で決まる」(40代男性、販売・サービス職)

といった声が寄せられた。

キャリコネニュースでは「ブラック企業経験談」や「上司のコミュニケーション能力に不満はありますか?」に関するアンケートを募集をしています。


キャリコネニュース

「ブラック企業」をもっと詳しく

「ブラック企業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ