行ったことのない都道府県2位「高知」、3位「徳島」 旅行時に配偶者と喧嘩になる原因は「文句ばかり言う」

10月25日(金)17時47分 キャリコネニュース

配偶者との旅行で喧嘩したことのある人は58.1%

大和ネクスト銀行は10月24日、国内旅行に関する調査結果を発表した。調査は今年9月25日〜26日にネット上で実施し、1年以内に国内旅行をしたことがある20〜69歳の男女を1000人から回答を得た。

今まで旅行したことがある都道府県を聞いたところ、1位は「京都府」(64.2%)となった。2位以降、「東京都」(61.8%)、「大阪府」(61.7%)、「北海道」(60.4%)、「千葉県」(56.6%)と続く。歴史的建造物や観光名所として有名な場所の多い都道府県や、グルメ満足度1位の北海道などが上位に並んだ。

一方、旅行したことのない都道府県1位は「佐賀県」(80.4%)。次いで、「高知県」(79.4%)、「徳島県」(78.8%)、「秋田県」(78.7%)、「宮崎県」(77.8%)となった。

旅行中の喧嘩の原因「妻が文句ばかり言う」「夫が無計画に動く」


配偶者と旅行に行ったことのある人(566人)のうち、喧嘩したことのある人は58.1%。喧嘩の原因としては、「文句ばかり言う」(30.7%)が最も高く、次いで、「自分勝手・わがまま」(28.0%)、「無計画で動く」(27.4%)、「優柔不断・決められない」(25.8%)、「計画の段取りが悪い」(22.2%)と続く。

男女別にみると、男性は「文句ばかり言う」(37.2%)が一番多く、旅行中の妻の不機嫌そうな言動が原因であることが多かった。

一方、女性は「無計画で動く」(29.3%)、「計画の段取りが悪い」「自分勝手・わがまま」(同27.6%)が多かった。夫の無計画さや段取りにイライラを募らせることが多いようだ。

国内旅行で楽しみたいグルメ「海鮮」「肉」「ラーメン」

旅行のシーズンでもある秋に国内旅行をするなら何を楽しみたいかを聞いた。最も高かったのは「温泉めぐり」(67.7%)で、次いで、「名所観光」(43.5%)、「グルメ」(43.2%)、「紅葉狩り」(36.4%)、「果物狩り」(26.2%)となった。

男女別にみると、「紅葉狩り」(男性27.2%、女性45.6%)や「果物狩り」(男性17.6%、女性34.8%)は女性のほうが約15ポイント高かった。

楽しみたいグルメを聞くと、1位「海鮮料理」(238件)、2位「肉料理」(126件)、3位「ラーメン」(37件)となった。好きな紅葉スポットでは、1位「日光(栃木県)」(78件)、2位「嵐山(京都府)」(67件)、3位「香嵐渓(愛知県)」(39件)と続く。

旅行先でキャッシュレス決済を利用したいと思う人は、「非常にそう思う」「ややそう思う」が合計71.1%。また「現金を持ち歩きたくない」は67.1%、「キャッシュレス決済に対応している飲食店を選びたい」は60%となった。


キャリコネニュース

「旅行」をもっと詳しく

「旅行」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ