子猫専用のこたつを作ってみたら... 控えめに言ってかわいすぎる光景が誕生してしまった

11月21日(土)20時0分 Jタウンネット

みにら日記(@minira_diary)さんのツイートより

写真を拡大

そろそろコタツを......とかんがえている人、いるかな。まだ少し早いかもと迷っている人もいるはず。冬になれば、エアコンもいいけど、やはりコタツにかぎるよね、とこだわる気持ち、よ〜く分かる。コタツに入って、みかんを食べると、くつろげるに決まっている。メンタル要素がたぶん大きいと思う。

人間がそうなら、きっと猫も......? そう考えた人が、猫専用サイズのコタツを作った。2020年11月18日、次のような写真付きのツイートが投稿され、大きな話題となっている。

写真には、コタツに入ってご満悦の猫の様子が紹介されている。「気に入ってずーっと中に入ってぬくぬくしとる...(笑)」というコメントも添えられている。

まさに「猫はコタツで丸くなる」、そのまんまである。このツイートには約6万件の「いいね」が付けられ、今も拡散中だ(20日夕現在)。

いったいこのコタツ、どうやって作ったのか? Jタウンネット記者は、投稿者のみにら日記(@minira_diary)さんに話を聞いてみた。

「気に入った様子でした!」

投稿者のみにら日記さんによると、

「自宅用のコタツが欲しいと考えたときに、猫サイズのコタツがあったら可愛いだろうと想像してつくりました! 完成して置いていたら勝手に入ってくれました。コタツの中で寝たり、走ってコタツに飛び込んだりしていて、気に入った様子でした!」

手作りのコタツは、ダンボール製だという。実に器用に作ったものだ。よく見ると、天板がややしなっているが、それはそれでご愛嬌だ。みかんが載っているところがまたいい。

猫の名前は、「みにら」。

「生後5か月の男の子です。やんちゃで食いしん坊なので飼い主の食べ物をなんでも欲しがります!」と、投稿者は語る。いかにも愛おしいといった様子である。

ツイッターにはこんな声が寄せられている。

「手作りのコタツに愛情感じます。ねこちゃん幸せですね」
「いいですね。私もつくってみようかな」
「めっちゃ可愛い。本当に癒される」
「にゃんちゃん専用のこたつに、にゃんちゃんが入るとこんなにも可愛いのか」
「めちゃくちゃ可愛いすぎますね〜 キュンキュンします」

キュン死した人、続出だった。

ところで、投稿者のみにら日記さんは、YouTuberでもある。コタツの中でくつろいでいる、みにらの動画は、YouTubeでも閲覧できる。もっとキュン死したい人は、そちらをどうぞ。

Jタウンネット

「子猫」をもっと詳しく

「子猫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ