ひと目でわかる傘マップ  6月14日(金)

6月14日(金)6時0分 ウェザーニュース


2019/06/14 06:01 ウェザーニュース

きょう6月14日(金)のお出かけに傘が必要なエリアを解説します。

大きい傘がいるエリア

紀伊半島の南部や高知県、宮崎県など東からの湿った空気が流れ込む地域では、雨が降る時間が長く、本降りになることもあります。
また、中国地方西部や九州北部でも午後は雨が降る時間が長くなります。外出時に雨が降っていなくてもしっかりとした傘があると良さそうです。
夜には太平洋沿岸で風も強まってきます。

沖縄は昼頃にかけて強い雨が降ることがあるので、大きな傘をお持ちください。

折りたたみ傘がいるエリア

近畿や中国地方の東部では、午後から雨が降る時間が出てきます。雨の止み間は長い予想ですが、折りたたみ傘はあった方が安心です。

愛知県や静岡県でも夜は段々と雨が降り出すため、帰りが遅い方は折りたたみ傘を準備しておくと良さそうです。


ウェザーニュース

「解説」をもっと詳しく

「解説」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ