三井住友銀行を装うマルウェア付き不審メールが出回る 添付ファイルを開かないよう注意呼びかけ

7月6日(水)16時22分 BIGLOBEニュース編集部

画像は三井住友銀行サイト スクリーンショット

写真を拡大

三井住友銀行の振込み受け付けを知らせるメールを装った不審メールが確認されている。三井住友銀行は、心当たりのないメールは開かずに削除し、開封しても添付ファイルを開かないよう注意を呼びかけている。


不審メールは、「【三井住友銀行】振込受付完了のお知らせ」という件名で、「SMBC」が入った差出人アドレスが表示されるが、正規のメールにはないZIP形式のファイルが添付されている。メール本文には、「金融機関等を装う電子メールにご注意ください」との文言や、三井住友銀行ホームページのURLが記載されており、本文だけでは不審メールと判断できない内容となっている。


ウイルス対策ソフトのカスペルスキーも、三井住友銀行を騙るマルウェア付き日本語メールが拡散しているとして、添付ファイルを開かないよう注意を呼びかけている。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「三井住友銀行」をもっと詳しく

「三井住友銀行」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ