大型の台風19号 三陸沖に離れても強風や激しい雨に警戒

10月13日(日)4時30分 ウェザーニュース


2019/10/13 04:32 ウェザーニュース

10月13日(日)3時現在、大型の台風19号(ハギビス)は三陸沖を北北東に進んでいます。台風は太平洋に抜けたものの、東北地方では激しい雨が降っている所があり、気象庁は宮城県と岩手県に大雨特別警報を発表中です。今後も激しい雨や強風による災害に警戒が必要です。

▼台風19号 10月13日(日)3時現在
 存在地域   石巻市の東南東約50km
 大きさ階級  大型
 強さ階級   //
 移動     北北東 55 km/h
 中心気圧   975 hPa
 最大風速   30 m/s
 最大瞬間風速 45 m/s


台風は夕方にも温帯低気圧に変わる見込みですが、台風では無くなっても勢力をあまり落とさない予想です。

宮城や岩手はあと数時間は大雨に警戒

各地で風雨の強い時間帯(予想)

東北地方の中でも、特に太平洋側の宮城県や岩手県で激しい雨が降っています。岩手県では未明に、1時間に100mm以上の激しい雨が降った所があり、気象庁は記録的短時間大雨情報を発表しています。


激しい雨は朝にかけて続く見込みで、これまでに経験したことのないような重大な災害が発生してもおかしくない状況となっています。土砂災害や河川の氾濫、床下浸水・床上浸水などに厳重に警戒が必要です。

13日は全国的に風の強い一日に

正午の風の予想

東日本や西日本では、台風一過の青空が広がる所が多くなる予想です。

ただ、全国的に風の強く吹く状況が続きます。復旧作業などを行う際には、風に煽られたりものが飛ばされたりしないようお気をつけください。

北海道では道南や道東の太平洋側で強い雨に注意が必要なほか、標高の高い峠では雪が降る可能性があるため、走行時は装備にご注意下さい。


ウェザーニュース

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ