撮られたら最期…呪われたカメラの恐怖描く『ポラロイド』予告編

5月27日(月)21時35分 映画ランドNEWS

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のプロデューサーが製作を務めるノンストップ・フォト・ホラーが『ポラロイド』の邦題で7月19日(金)より公開されることが決定。ポスタービジュアルと予告編映像が解禁となった。


ポラロイド


本作は、世界各国で上映が中止された呪われた問題作。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』プロデューサーのロイ・リーが製作を務め、同日公開となるリブート版『チャイルド・プレイ』のラース・クレヴバーグがメガホンをとった絶望のノンストップ・フォト・ホラー。本作はクレヴバーグ監督が手掛けた15分のショートフィルム『POLAROID』(15)がきっかけで制作がスタート。短編がスペインのトレモリノスファンタスティック映画祭で発表され、そのあまりの恐ろしさと“ポラロイドカメラ”=死の装置となる斬新なアイデアで「最優秀ショートホラーフィルム賞」を獲得しホラー映画ファンの話題を一躍さらった。監督の才能はすぐさまハリウッドの目に留まり、今回セルフリメイクで長編初にしてハリウッドデビュー作品『ポラロイド』を全く新しく、そして前作をはるかに超える恐怖を生み落した。


ポスタービジュアルでは、物語のキーとなるポラロイドが暗がりのなか不穏に浮かび上がり、「このカメラで撮れば、最高の瞬間が最期の1枚になる」という意味深なキャッチコピーが。楽しげな集合写真には血が滲んでおり、これから彼らに訪れる悪夢を予感させるビジュアルに仕上がっている。


予告編では、ごく普通の女子高生バード(キャサリン・プレスコット)がバイト先のアンティークショップで、年代物でレアなポラロイドカメラをみつけたことから物語が始まる。SNS世代にとって物珍しさもあるポラロイドカメラで、友人や密かに思いを寄せるコナー(タイラー・ヤング)たちと楽しい思い出の瞬間を撮り始めるが、後日ポラロイドカメラに撮影した友人の一人が悲惨な死を遂げたことが判明し、その後も撮影された友人たちが次々と謎の死を遂げていく。


徐々に明かされていくポラロイドカメラに隠された恐ろしい過去…。物語は予想だにしない展開へと進んでいき、アナログがSNS世代を恐怖のどん底に引きずりこむ予告編映像となっている。



映画『ポラロイド』は7月19日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国順次ロードショー


(C)2019 DPC SUB 1A1, LLC


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「カメラ」をもっと詳しく

「カメラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ