登場人物たちの“その後”も描かれる『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』ダイナミック完全版IMAX上映が決定

11月6日(水)18時0分 映画ランドNEWS

ロシアの戦車アクション映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』の「その後」も描かれるダイナミック完全版IMAX上映が緊急決定した。


T-34 レジェンド・オブ・ウォー


全露No.1メガヒットを記録したロシアの戦車アクション映画。第67回アカデミー賞外国語映画賞受賞『太陽に灼かれて』の監督ニキータ・ミハルコフが製作し、本国ではロシア映画史上最高のオープニング成績を記録。最終興行収入は40億円を超え、800万人動員という驚異的な数字を叩き出した。戦車が繰り広げる片輪走行にドリフト、『バーフバリ 王の凱旋』のVFXを手がけた<Film Direction FX>を筆頭にロシア最先端の映像技術を結集し圧倒的アクションシーンを活写。登場するソ連軍の“T-34”はすべて本物の車両を使用し観客の度肝を抜く戦車アクション・エンターテインメントが描かれる。


10月25日(金)より全国31館で公開され、大ヒットを記録している映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』にて、追加エピソードが描かれたダイナミック完全版IMAX上映が決定した。劇場はT・ジョイプリンス品川、109シネマズ木場、横浜ブルク13、109シネマズ箕面、広島バルト11、鹿児島ミッテ10の計6館で11月15日(金)より1週間限定での上映となる。劇中で詳細に描かれなかった計26分のシーンが追加される他、エピローグが付き、登場人物たちの「その後」も描かれる。また、本上映はドイツ語のセリフにロシア語の通訳が入るロシア本国の上映形式“ロシア語ボイスオーバー版”となっている。


映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』は大ヒット公開中


(C)Mars Media Entertainment, Amedia, Russia One, Trite Studio 2018


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「ロシア」をもっと詳しく

「ロシア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ