韓国、準々決勝敗退で59年ぶりのアジア制覇ならず…カタールが初の4強入り

1月25日(金)23時50分 サッカーキング

韓国のエース、ソン・フンミンも不発に終わった [写真]=Getty Images

写真を拡大

 AFCアジアカップUAE2019 準々決勝が25日に行われ、韓国代表とカタール代表が対戦した。

 前半をスコアレスで折り返すと、79分に均衡が破れる。中盤のアブドゥラジズ・ハテムがピッチ中央でボールを持つと、強烈なミドルシュートを突き刺し、カタールが先制に成功する。韓国は失点直後にゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定が下され、同点とはならず。

 試合は0−1で終了。カタールは初のベスト4進出。対する韓国は2大会連続の決勝進出とはならなかった。準決勝は29日(火)、勝利したカタールはオーストラリア代表対UAE代表の勝者と対戦する。

【スコア】
韓国代表 0−1 カタール代表

【得点者】
0−1 79分 アブドゥラジズ・ハテム(カタール)

サッカーキング

「カタール」をもっと詳しく

「カタール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ