「手ごたえを感じた」…2アシストの南野、決勝戦は「今まで通りに」

1月29日(火)8時42分 サッカーキング

2アシストとPK獲得に貢献した南野 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 AFCアジアカップUAE2019準決勝が28日に行われ、日本代表はイラン代表と対戦。日本代表は3−0で勝利を収め、2大会ぶりの決勝進出を決めた。南野拓実はこの試合に先発フル出場を果たし、2アシストに加え、2点目のPKを獲得。試合後にアジアサッカー連盟(AFC)を通じてコメントを残した。

 南野は試合後、「決勝進出というのは自分たちが目指していたものでしたし、今日はアジアの強豪イランとの対戦でタフな試合でしたけど、チーム一丸となって勝つことができて良かったなと思います」と満足感を示した。

 先制点のアシストについて「僕が一旦コケて、ボールを拾いに行ったとき、相手の足が止まっているというのは感じていました。中で大迫選手がフリーだったのでしっかり決めることができて良かったです」と振り返る。また、チームの状況について「どんどん良くなっていると思います。攻撃面でコンビネーションなどにおいて手ごたえを感じましたし、それは決勝でもやっていけたらなと思います」と話す。

 同選手は試合前のモチベーションについて「僕はヨーロッパでプレーしていて、これまでたくさんのビッグゲームをプレーしてきています。日本のために戦うというのは子供の頃からの夢で、そこに対しての怖さはなかったです。試合前は『楽しみ』と『やってやるぞ』というモチベーションを持っていました」と明かした。

 南野は決勝戦に向けて次のように意気込みを述べた。

「周りから何を言われても今まで通りに自分たちがやってきたことを信じて決勝に向けて準備するだけです。森保監督になってから負けてないというのもありますけど、そういうのは関係なく、決勝では何が起こるか分からないのでもう一度しっかりみんなで決勝に向けていい準備を今まで通りやっていくことが重要かなと思います」

サッカーキング

「アジア」をもっと詳しく

「アジア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ