レアル主将S・ラモス、PSG撃破は「思い出に残る一日となった」

2月15日(木)15時50分 サッカーキング

レアル・マドリードの主将セルヒオ・ラモス [写真]=Getty Images

写真を拡大

 レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがパリ・サンジェルマン(PSG)との一戦を振り返った。『realmadrid.com』が伝えている。

 14日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが行われ、レアル・マドリードはPSGと対戦した。試合は先制を許したレアル・マドリードがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの2得点などで逆転。3−1で勝利した。レアル・マドリードの主将S・ラモスが試合後、劇的な逆転勝利を果たした試合についてコメントを残した。

「今日は僕のキャリアの中でも思い出に残る一日となった。セカンドレグに向けて重要な勝利だ。チャンピオンズリーグというタイトルを守るために意欲を持って進み続けなくてはならない。今日は僕たちは本当に素晴らしかった」

「まだ敗退に追いやられる可能性はある。パリ(のホームで行われるセカンドレグ)でも最大限集中しなければならない」

 レアル・マドリードは18日にリーガ・エスパニョーラでベティスと対戦予定。PSGとのセカンドレグは3月6日に行われる。

サッカーキング

「レアル」をもっと詳しく

「レアル」のニュース

BIGLOBE
トップへ