ストロール「レース内容に満足。できることをすべてやり切った」/ウイリアムズ F1中国GP日曜

4月17日(火)11時22分 AUTOSPORT web

 2018年F1第3戦中国GPで、ウイリアムズのランス・ストロールは14位、セルゲイ・シロトキンは15位だった。


ウイリアムズ・マルティニ・レーシング

ランス・ストロール 決勝=14位


 バーレーンの時と同様に、今回も最高のスタートを決めて、5つか6つほどポジションを稼ぐことができた。そして、その後はクルマの能力を最大限に引き出して、レースができたと思う。セーフティカーに関しては、僕らはあまりラッキーではなかった。僕より前にいたツーストップの連中が、フリーストップを得てしまったからだ。


 今日はフォース・インディア勢には勝てたかもしれない。純粋なペースでは及ばなくても、いいスタートを切った後、すべてがうまく行っていればね。その意味ではちょっと残念だけど、レースの内容には十分に満足している。戦略どおりに戦って、今日できることはすべてやりきったと思う。


セルゲイ・シロトキン 決勝=15位

 厳しいレースだった。失うものは何もないので、スタートから攻めていくしかないと思っていた。そして、何とかポジションをあげようと試みたが、集団の中ではどうすることもできなかった。もう少しうまいやり方があったかもしれない。


 その後はペースが上げられずに苦戦した。タイヤの温度をウインドウ内にとどめておくのが難しくて、最初のスティントは本当に厳しかった。途中、何周かにわたってフリーエアで走れた時間があって、そこでは少し安定していたけど、全体としてはひどくトリッキーだった。


 最初のピットストップでミディアムに交換した後、セーフティカー中にまたソフトに履き替えた。ところが、どういうわけか、そのソフトがミディアムと比べても全然グリップせず、かなりのタイムを失うことになった。その後は、ただレースを完走するために走り続けただけだった。


AUTOSPORT web

「ウイリアムズ」をもっと詳しく

「ウイリアムズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ