ウクライナが初のU20W杯決勝へ!…イタリアはVARに泣き2大会連続の3位決定戦

6月12日(水)3時27分 サッカーキング

ウクライナがイタリアを破って初の決勝進出 [写真]=FIFA via Getty Images

写真を拡大

 FIFA U−20ワールドカップ ポーランド2019準決勝が11日に行われ、U−20ウクライナ代表とU−20イタリア代表が対戦した。

 試合は後半に入って65分、ユヒム・コノプリアが右サイドからグラウンダーのクロスを入れると、中央に走り込んだセルヒー・ブレツァが右足ダイレクトで蹴り込み、ウクライナが均衡を破った。

 先制したウクライナだが、79分にDFデニス・ポポフが2枚目のイエローカードで退場。数的有利となったイタリアは後半アディショナルタイム2分、ジャンルカ・スカマッカがゴールを背にしつつ体を張ったトラップから豪快に右足ダイレクトボレーを叩き込む。しかしVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入があり、競り合い時のファールを取られてノーゴールの判定となった。

 試合はこのまま終了し、ウクライナが同国史上初の決勝進出。イタリアは2大会連続で3位決定戦に回ることとなった。

 ウクライナは15日に行われる決勝で韓国との対戦が決まった。

【スコア】
U−20ウクライナ代表 1−0 U−20イタリア代表

【得点者】
1−0 65分 セルヒー・ブレツァ(ウクライナ)

サッカーキング

「ウクライナ」をもっと詳しく

「ウクライナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ