チリ、次節日本戦のエクアドル撃破で2連勝…サンチェスの決勝弾で首位浮上

6月22日(土)9時58分 サッカーキング

エクアドル代表に勝利したチリ代表 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 コパ・アメリカ2019のグループC第2節が21日に行われ、エクアドル代表とチリ代表が対戦。2−1でチリがエクアドルに勝利を収めた。

 試合は8分にいきなり動く。チリが右CKを起点に先制点のチャンスを作ると、こぼれ球にホセ・ペドロ・フエンサリーダが反応。フエンサリーダはペナルティエリア内で右足を振り抜くとゴール左下に入り、チリが先制に成功する。

 追いつきたいエクアドルは26分、ジェクソン・メンデスがエリア内でチリGKガブリエス・アリアスに倒されてPKを獲得。キッカーのエネル・バレンシアは冷静にゴール中央に決めて、エクアドルが同点に追いついた。

 後半に入ると51分にチリが均衡を破る。右サイドからの高いクロスにアレクシス・サンチェスがワンタッチで合わせる。A・サンチェスのループ性のシュートはゴール右に吸い込まれ、チリが勝ち越しに成功した。

 試合はこのまま終了してチリが2−1でエクアドルに勝利し、今大会2連勝を飾った。次節、エクアドルは日本と、チリはウルグアイと対戦する。

【スコア】
エクアドル代表 1−2 チリ代表

【得点者】
8分 0−1 ホセ・ペドロ・フエンサリーダ(チリ代表)
26分 1−1 エネル・バレンシア(エクアドル代表)
51分 1−2 アレクシス・サンチェス(チリ代表)

【スターティングメンバー】
エクアドル代表(4−3−3)
ドミンゲス;ラミレス、アチリエル(90分 退場)、アルボレダ、ベラスコ;グルエソ、オレフエラ、メンデス(60分 A・バレンシア);イバーラ(69分 ガルセス)、E・バレンシア、メナ(82分 プレシアード)

チリ代表(4−3−3)
G・アリアス;ボーセジュール、マリパン、メデル、イスラ;A・ビダル(90+2分 ハラ)、プルガル、C・アランギス;A・サンチェス、バルガス(86分 エルナンデス)、フエンサリーダ(70分 ディアス)

【グループC順位】
チリ(勝ち点6/得失点差5)
ウルグアイ(勝ち点4/得失点差4)
日本(勝ち点1/得失点差−4)
エクアドル(勝ち点0/得失点差−5)

サッカーキング

「チリ」をもっと詳しく

「チリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ