マンU、マグワイア獲得で合意とBBC…移籍金はDF史上最高額の103億円

8月3日(土)1時17分 サッカーキング

マンチェスター・Uはマグワイア獲得で合意に至ったようだ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 マンチェスター・Uはレスターに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイアの獲得交渉にて合意に至ったようだ。3日にイギリスメディア『BBC』が報じている。

 同クラブを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は今夏の移籍市場で守備陣の補強を最優先しており、中でもセンターバックの獲得を熱望していたという。複数名の候補が挙げられていたものの、最終的にはマグワイアとの交渉が成立したようだ。

 同選手に対する移籍金は8000万ポンド(約103億円)と、DF史上最高額となる。マンチェスター・Uは昨夏の移籍市場でもマグワイアの獲得に動いていたが、同金額の支払いに懸念を抱いたことから当時は獲得を断念したとのことだ。

 しかし、同選手は昨年のFIFA ワールドカップ ロシア 2018でイングランド代表の準決勝進出に大きく貢献した後、レスターでも好成績を残し続けた。多くのマンチェスター・Uファンの期待を背負っている同選手は今週末にメディカルチェックを行うと伝えられている。

サッカーキング

「獲得」をもっと詳しく

「獲得」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ