ウェールズ代表主将が英2部クラブに加入決定…エヴァートン退団後フリーに

8月24日(土)9時12分 サッカーキング

ブリストル・シティに加入したA・ウィリアムズ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 チャンピオンシップ(イングランド2部)のブリストル・シティは23日、ウェールズ代表DFアシュリー・ウィリアムズをフリーで獲得したことを発表した。

 ウェールズ代表キャプテンのA・ウィリアムズは現在35歳。同選手は2008年から2016年にかけてスウォンジーでプレーすると、プレミアリーグ昇格と残留に貢献して2016年夏にエヴァートンに移籍を果たす。加入シーズンにプレミアリーグ36試合に出場したA・ウィリアムズは昨シーズン限りでクラブを退団。今夏フリーとなっていた。

 また、A・ウィリアムズはウェールズ代表で公式戦通算79試合に出場。ユーロ2016ではウェールズ代表の躍進とベスト4進出に貢献した。

 来年1月までの契約でブリストル・シティ加入が決まったA・ウィリアムズは、ブリストル・シティの公式サイトを通じて次のようにコメントを残した。

「クラブの監督は僕を歓迎してくれたし、選手達もドレッシングルームで僕の加入を喜んでくれた。このクラブには良い選手がたくさんいるし、何よりもナイスガイだ。そして、非常に優秀な監督がいる」

「このチームの試合を最初に観戦した時、選手達が熱意を持っていて素晴らしいチームだと感じたよ。僕はこのチームを好きになったし、若くて情熱的なチームは僕にとっては新鮮に感じた。毎日楽しんでいきたいね」

サッカーキング

「ウェールズ」をもっと詳しく

「ウェールズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ