F1 Topic:パドックで囁かれはじめた『2019年問題』。震源地はレッドブルか

9月17日(日)17時3分 AUTOSPORT web

 シンガポールGP直前にメルセデスがバルテリ・ボッタスの残留を発表した。これでメルセデス、フェラーリ、レッドブルのトップ3チームの2018年のドライバーズラインアップが固まった。 


 これで一件落着かと思いきや、シンガポールGPのパドックでは早くもドライバー市場の『2019年問題』がささやかれ始めている。というのも、トップ3チームの6人のドライバーのうち、セバスチャン・ベッテルを除く5名が2018年末で契約が切れるからだ。


 ルイス・ハミルトンが前回メルセデスと契約を更改したのは2015年の5月で、その内容は3年契約で契約金は1億2000万ドル(約132億円)だった。つまり、2018年が3年契約の3年目となる。


 ボッタスは1年契約なので、2019年以降は未定。8月にフェラーリに残留するキミ・ライコネンも1年契約。さらにダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンの2人のレッドブル・コンビもチームとの契約は2018年いっぱいだ。メルセデスとフェラーリが、ボッタスとライコネンとの契約をそれぞれ1年延長にとどめたのも、2019年にあらゆる変化に対応できるようにしておくためだ。


 さらにここにきて、レッドブルはパワーユニットに関するルノーとの契約も2018年限りとなっていることも、2019年問題を複雑にしている。


 その渦中にいるフェルスタッペンは、こう話す。

「僕の興味は2018年の序盤にこのチームがどういう状態になっているかということ。僕たちがどれくらい競争力があるか。そのあとのことは、それから。もちろん、チームとルノーの契約が2018年限りだということは知っている。その後、チームがホンダと契約することになったとしても、それは僕が決めることじゃないからね」


 2020年までベッテルとの契約を延長したばかりのフェラーリは、ベッテルとの相性を考えると、2019年にフェルスタッペン獲りに動くとは考えにくい。移籍の可能性が高いのはメルセデスだ。いずにしても、その判断を下すのは2018年の序盤のパフォーマンスを見て、行われることになる。


 いずれにしても、F1界の2019年問題の震源地は、レッドブルになることは間違いない。


AUTOSPORT web

レッドブルをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ