原口は終盤に2戦ぶりの出場…ヘルタ、ホッフェンハイムとドローに持ち込む

9月17日(日)22時34分 サッカーキング

同点ゴールを挙げたヘルタFWエッスヴァイン(中央右)[写真]=Bongarts/Getty Images

写真を拡大

 ブンデスリーガ第4節が17日に行われ、日本代表MF原口元気の所属するヘルタ・ベルリンはアウェイでホッフェンハイムと対戦した。原口は4試合連続のベンチスタートとなった。

 最初のチャンスはホッフェンハイム。6分、右サイドからのクロスに中央のザンドロ・ヴァーグナーが頭で合わせると、シュートは枠の右上隅を捉えるが、相手GKの好セーブに阻まれる。それでも、直後の右CKで再びヴァーグナーがヘディングシュートを放つと、今度はゴール左隅に決まり、ホッフェンハイムが先制に成功した。

 なかなかチャンスを作れなかったヘルタは37分、エリア手前中央でボールを拾ったアレクサンダー・エッスヴァインが、強引なドリブルでエリア内左に進入して左足シュート。ホッフェンハイムのGKオリヴァー・バウマンがセーブし切れず、こぼれ球は吸い込まれるように自陣ゴールへ向かうが、自ら懸命に戻ってライン上でキャッチし、得点を許さなかった。

 1点ビハインドで折り返したヘルタは後半から攻勢に出ると、55分に反撃が実る。左サイドのマルヴィン・プラッテンハルトがクロスを入れると、ニアのエッスヴァインがダイビングヘッドで合わせてゴール左隅に決めた。

 逆転を狙うヘルタは82分、ミッチェル・ヴァイザーを下げて原口を送り出す。前節出番がなかったため、2試合ぶりの出場となった原口は攻守に奮闘するが、試合はこのまま1−1でタイムアップ。ヘルタはリーグ戦2試合連続ドローで、ホッフェンハイムは開幕4戦無敗をキープした。

 ヘルタは次節、20日にホームでレヴァークーゼンと対戦。ホッフェンハイムは同日に日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツとのアウェイゲームに臨む。

【スコア】
ホッフェンハイム 1−1 ヘルタ・ベルリン

【得点者】
1−0 6分 ザンドロ・ヴァーグナー(ホッフェンハイム)
1−1 55分 アレクサンダー・エッスヴァイン(ヘルタ)

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ホッフェンハイムをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ