西村拓真が新天地デビュー…モスクワダービーで途中出場、存在感示す

9月24日(月)12時43分 サッカーキング

ロシアデビューを飾った西村拓真(写真は仙台時代のもの) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ロシア・プレミアリーグ第8節が23日に行われ、FW西村拓真の所属するCSKAモスクワはホームにスパルタク・モスクワを迎え、1−1で引き分けた。試合は30分にスパルタク・モスクワが先制したものの、63分にCSKAモスクワのMF二コラ・ブラシッチが同点弾をマーク。その後は両者ともにゴールを奪えず、モスクワダービーはドローに終わっている。

 西村は83分にピッチへ送り込まれ、移籍後初出場を飾った。ミドルシュートで相手ゴールを脅かすなど、短い出場時間ながら存在感を示している。

 CSKAモスクワは次節、28日にアウェイでオレンブルクと対戦する。

サッカーキング

「モスク」をもっと詳しく

「モスク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ