今年もスーパーGT最終戦もてぎで航空自衛隊松島基地のF-2Bによる歓迎フライトを実施へ

10月21日(月)15時16分 AUTOSPORT web

 栃木県茂木町にあるツインリンクもてぎで11月2〜3日に開催されるスーパーGT第8戦に向け、モビリティランドは10月21日、決勝日に�航空自衛隊松島基地のF-2B戦闘機による歓迎フライトが行われると発表した。


 2018年のシリーズ最終戦であり、チャンピオンがかかる大事な一戦であるスーパーGT第8戦もてぎ。そんなレースを盛り上げるべく、今年も先進の電子機器を備え、軽量にして抜群の機動性を誇る航空自衛隊の最新鋭機、F-2Bが歓迎フライトを行ってくれることになった。


 日時は11月3日(日)の決勝日オープニングセレモニー中。レース観戦エリア上空でをフライトする予定だ(天候、視界不良、その他の理由により中止になる場合あり)。


 F-2Bは10月20日のMotoGP日本グランプリでも歓迎フライトを行う予定だったが、残念ながら台風19号の影響によりフライトは中止となっていた。今回は快晴のもとでのフライトを期待したいところだ。


AUTOSPORT web

「自衛隊」をもっと詳しく

「自衛隊」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ