GRの走りと世界観を“軽”で実現させた『コペンGRスポーツ』/東京モーターショー2019

10月23日(水)15時40分 AUTOSPORT web

 10月23日、トヨタは25日から一般公開が始まる第46回東京モーターショー2019のダイハツブースで、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ“GR”において、ブランド初の軽自動車オープンスポーツとなる『コペンGRスポーツ』を初披露した。


 コペンGRは、WRC世界ラリー選手権やWEC世界耐久選手権などに参戦している、TOYOTA GAZOO Racingのモータースポーツ活動を通じて培った知見が活かされたGRシリーズの最新モデルだ。


 東京モーターショーで初公開されたこのオープンスポーツは、スポーツカーとしてのハードな乗り心地を実現されるため、サスペンション、電動パワーステアリング、ボディ剛性に至るまで、GR専用のチューニングが施されている。

マットグレー塗装のBBS製専用鍛造アルミホイール
マットグレー塗装のBBS製専用鍛造アルミホイール
コペンGRスポーツ(インテリア・コクピット)
コペンGRスポーツ(インテリア・コクピット)


 エクステリアではフロントフェイスに水平・垂直を基調とした、GRのアイコンとなっている“Functional MATRIX”グリルを採用。足元はマットグレイ塗装のBBS製専用鍛造アルミホイールを装着し、精悍な印象を高めているのが特徴だ。


 インテリアではブラックの内装色と専用レカロシート、自光式3眼メーターなどがスポーティな室内を演出すると同時に、専用ピアノブラック調加飾のセンタークラスターによって上質感も生み出された。


 車両価格は5速マニュアル車が238万円、7速スーパーアクティブシフト付きCVT+パドルシフト搭載車が243万5000円となっている。

GR専用装備のひとつであるレカロシート
GR専用装備のひとつであるレカロシート
コペンGRスポーツ(インテリア・シフトノブ)
コペンGRスポーツ(インテリア・シフトノブ)
コペンGRスポーツ(インテリア・RECAROシート)
コペンGRスポーツ(インテリア・RECAROシート)
コペンGRスポーツのステアリングホイール
コペンGRスポーツのステアリングホイール
GRのバッジが装着されたリヤエンド
GRのバッジが装着されたリヤエンド
コペンGRスポーツ(エクステリア・リヤ)
コペンGRスポーツ(エクステリア・リヤ)


AUTOSPORT web

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ