あいりん地区 繋がり求め生きる

大阪西成の”あいりん地区”、生活保護受給を拒み「繋がり」を求めて生きる人々

8月20日(火)10時0分 AbemaTIMES

大阪・西成区の庄司賢一さん(67)は、およそ5年、住む家のない生活を送っている。「千円札1枚。あとは小銭が1000円ほどあるかな。大体1000円あったら1日いけるから。だから明日までいけるわな」。そして、手で首を締める動作をしながら、「ははは、これしなくて済む」と笑う。14歳の時に集団就職で長崎から…

記事全文を読む

「あいりん地区」をもっと詳しく

「あいりん地区」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 生活保護には頼りたくないって言うのは日本人の方だろ、60年も以上前に出された役人の局長通達だけで外国人への生活保護を出し続けてる、世界では異常な国

  • 生活保護は国民が願う本当に行き渡ってほしい人には行き渡らない。外国人生活保護を認めてるなど特定の国の人たちに配慮してやってる処置としか思えん。

  • 頑張れおじさん!!

  • 税金も払わず酒と博打にお金をつぎ込み年金も出ない奴らに生活保護?

  • 憲法の精神の実現を。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ