なぜイケアは田舎町を選ぶのか

なぜイケアは中途半端な田舎町を選ぶのか

6月12日(火)9時15分 プレジデント社

少子高齢化が進む日本で、福岡都市圏は例外的に人口が増え続けている。なかでも「人口増加率日本一」なのが福岡県新宮町だ。転機は2012年に家具量販店「イケア」の進出。だが新宮町はイケア誘致だけを狙っていたわけではない。つまり新宮がイケアを選んだのではなく、イケアが新宮を選んだのである。その理由はなにか。…

記事全文を読む

「イケア」をもっと詳しく

「イケア」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 土地が安いから似決まっています。別に不思議では無い。

  • 田舎は大型店舗ばかりになってきて、商店軒並み潰れ しかもその大型店舗に行くために車が無いと買い物も出来ない 税収UPだけに目を向け誘致・許可する地方行政ももはや「行政」ですらない 高齢化時代どうする?

  • 都心まで電車で20分でマンションが立ち並ぶ便利なら当たり前。どんな過疎地かと期待した。

  • いわゆるブランド物を買えない、でもこじゃれたもの買いたいゾーンが狙いなので。

  • 中途半端な田舎町???神戸は中途半端な田舎町じゃないよ^^おかしな表現するねー

全件表示する

BIGLOBE
トップへ