アジアはレベル向上したか?W杯

アジアサッカーのレベルは全体的に進歩したのか?W杯1次リーグのデータから分析—中国メディア

7月1日(日)18時40分 Record China

2018年6月29日、観察者網は、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の1次リーグが終了した時点での、アジアサッカー全体のレベルについて分析する記事を掲載した。記事は、W杯の全試合数が64試合で、そのうち1次リーグが48試合を占めるため、1次リーグ終了時点ですでに75%の試合が終了したことになる…

記事全文を読む

「ロシアワールドカップ」をもっと詳しく

「ロシアワールドカップ」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • ファールが最も多く汚い試合の韓国などW杯から追放すべし。

  • 体格、パワーの差はどうしようもない、テクニックにも限度がある、とつくづく絶望感を覚えた。 ランキングは数十年たっても詰められないだろう。

  • かなりゆっくりだけど進歩はしてると思うけど、他地域も進歩してるから差は縮まってるとは思わない。アフリカ勢は急速に進歩してるけど集中力が足りない。以上素人の見解でした

  • 絶対値では上がってる。欧州、南米との相対値では上がってない

  • 汚い手で勝つレベルはすごく向上した。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ