ロッテの伊東勤監督が今季限りでの辞任を表明「歴史的な負けが1番の理由」と話した

3行まとめ

  • ロッテ伊東勤監督が13日、今季限りでユニホームを脱ぐ意思を明かした
  • 理由について伊東監督は「歴史的な負けが1番の理由」と説明
  • 「今季は歴史的な負け方でファンを失望させた。責任は私が取る」と語った

ロッテ伊東監督、今季限りで辞任 すでに了承「歴史的な負けが1番の理由」

8月13日(日)15時0分 フルカウント

極度の成績不振で球団幹部に辞任申し入れ「シーズン最後まで指揮は執ります」ロッテの伊東勤監督が13日、今季限りで辞任する意向を示した。すでに球団側も了承しているという。伊東監督は2013年からロッテを指揮。同年は3位でクライマックスシリーズ(CS)に進出した。

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

ロッテをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ