稀勢の里が山稽古で「木刀トレ」

稀勢の里が“木刀トレ”「たまたまあったからやった」

10月12日(木)15時38分 スポーツニッポン

大相撲の秋巡業が12日、愛知県一宮市で行われ、横綱・稀勢の里(田子ノ浦部屋)が朝稽古後の山稽古(稽古場以外で行う稽古)で“木刀トレ”を行った。9日の巡業ではゴルファーがパターを垂直に提げてラインを読むように木刀を使って立ち位置を確認したが、この日は剣道の面打ちような動きで何度も素振りをした。さらには…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • それがどうした

  • トレーニングよりも怪我を治すべき、横綱健在ぶりはその後で良いよ。

  • ケガが完全に治ってないのでは、無理して稽古しても場所でまた休場となったら進退問題だ、とにかく無理をしないで欲しい。

  • 横綱としての気概を感じられない。

  • あの貴乃花は1年数ヶ月休んだ。  スグ無理して出たから 治り 遅れ。   完全に 治って からで 

  • 木刀は適当に振っても稽古にななりませんよ。無心。。。。。

  • 正直、木刀より竹刀が怖い。思いっきり叩かれるもんね。

稀勢の里をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ