『カリオストロの城』を受け継ぐ物語…「ルパン三世 イタリアン・ゲーム」今夜放送

1月18日(金)13時30分 シネマカフェ

「ルパン三世」 原作:モンキー・パンチ (C) TMS

写真を拡大

モンキー・パンチの名作コミックをアニメ化、世代を超え愛される国民的キャラクターが活躍するアニメの最新作「ルパン三世 イタリアン・ゲーム」が1月18日(金)今夜の日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」枠に登場する。

1971年にアニメ第1作が初放送されると、その後TV第2シリーズが製作され映画『ルパン三世 ルパンVS複製人間』、宮崎駿が監督した『ルパン三世 カリオストロの城』の公開を経て人気アニメへと成長。その後もTVシリーズ、劇場版ともに製作され続け、さらに90〜00年代には毎年のようにスペシャルが放送。さらに近年は「名探偵コナン」とコラボした『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』に銭形警部にスポットを当て鈴木亮平主演で実写版も製作されるなど、40年以上にわたり絶大な支持を受け続ける同シリーズ。


今回の「イタリアン・ゲーム」は2016年以来となるテレビスペシャルとなり、宮崎監督が描き出した名作『カリオストロの城』に登場したカリオストロ伯爵の遺産を巡って“青ジャケット姿”のルパンとその一味たちが活躍する。

サンマリノ共和国の名家に生まれ、イタリア最大手のホテルチェーンを経営するロッセリーニ財閥の若き会長であり、スーパーモデルなどとしても活躍するお騒がせセレブのレベッカが誘拐され、レベッカの熱狂的なファンである犯人が彼女に結婚を迫り列車を制御不能状態に陥れる。


あるお宝を狙い彼女を追っていたルパンは、何の因果か銭形とともに、暴走列車に監禁されたレベッカを救いだすため暴走列車とカーチェイスをする羽目になるのだが、実は誘拐犯を裏で操っていた謎の人物が。その人物「仮面伯爵」とルパンは「あるお宝」をめぐって勝負を繰り広げていたのだ。その「あるお宝」とはかの有名な「カリオストロ伯爵の遺産」だった…という物語。


ルパン役の栗田貫一に次元大介役の小林清志、石川五ェ門役の浪川大輔、峰不二子役の沢城みゆき、銭形役の山寺宏一らお馴染みメインキャスト陣にくわえ、レベッカには藤井ゆきよが起用。

『カリオストロの城』の世界観を受け継いだ今年の新ルパンをお見逃しなく。

金曜ロードSHOW!「ルパン三世 イタリアン・ゲーム」は1月18日(金)今夜21時〜日本テレビ系で放送。

シネマカフェ

「イタリア」をもっと詳しく

「イタリア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ