「新快速に有料座席検討」 報道の真偽をJR西日本に聞いてみると...

6月7日(木)8時0分 Jタウンネット

画像はイメージ(as365n2さん撮影、Flickrより)

写真を拡大

JR西日本管轄内の在来線区間で、有料座席の設置に向けて検討を始める、と2018年6月6日に各メディアが報じた。


現状ではどこまで話が進んでいるのか、Jタウンネット編集部は同社に聞いてみた。


「まだ検討段階」


各メディアの報道によると、新快速区間での有料座席を導入することを検討し始めた、とある。具体的な導入区間については明記されていないが、現在のJR西日本の新快速は福井県南部から兵庫県西部まで走行する電車、だとしている。また、時期については23年前後を予定している、と報じられている。


真偽を確認すべく、Jタウンネットが6月6日、同社に聞くと、「有料座席を設置するかどうかも含めて、まだ時期や区間などは決まっておらず、検討を始めたばかりです」とのことだった。


有料座席の話が出たのは、「今年度から始まった『5か年計画』のなかで、お客様のニーズに応じて車両の導入を進める、という項目があります。報道で23年前後、としているのはそのためだと思います」としたうえで、「有料座席については、サービス向上に向けて取り組んでいく中で、お客様から『お金を払ってでも座りたい』といったサービスがあれば検討してまいります」と話した。


ツイッターでは、有料座席のことが報じられると、


やはり、グリーン車自由席にするか普通車指定席にするかは未定なんですね。個人的には、列車名の設定が不要なグリーン車自由席の方がいいと思うんですけどね。
JR西日本:新快速に有料座席 23年春までの導入検討 - 毎日新聞 https://t.co/fM8hRjpugh
- 角刈り大魔王 (@Great_Satan) 2018年6月6日

おー。
これは使用検討の価値あり(座りたいってより、ゆったり静かに過ごしたいのよ)
JR西日本、新快速に有料座席 23年春までの導入検討 | 2018/6/6 - 共同通信 https://t.co/t4iK0R7MQd
- ゆーすけ@ぼちぼち本気モード (@yusuke5011) 2018年6月6日

などの反応が上がっている。

Jタウンネット

「新快速」をもっと詳しく

「新快速」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ