風を食べて動く生命体、テオ・ヤンセン展…札幌で9/1まで

7月12日(金)17時45分 リセマム

テオ・ヤンセン展

写真を拡大

テオ・ヤンセン展が2019年7月13日から9月1日まで、北海道札幌芸術の森美術館で開催される。風をエネルギーとして動くストランドビーストが新作3体を含む12種類13体展示される。

 学研プラスは、オランダのアーティスト、テオ・ヤンセン氏の国内展覧会の窓口権を取得。その第1弾として、札幌芸術の森美術館にてテオ・ヤンセン展を開催する。

 テオ・ヤンセン氏は1948年生まれ、オランダのスフェベニンゲン出身。デルフト工科大学で物理学を学んだ後、画家に転向。1990年より「生命体をつくる」思いに駆られ、プラスチックチューブでできた生命体「ストランドビースト」(以下、ビースト)を生み出した。

 ビーストの最大の特徴である「本物の生き物のような動き」は、物理学の知識とコンピュータ・プログラムを駆使して脚の形と構造を導き出したという。特定の生物をモデルにすることなく、自身の頭の中に思い描いた「生物」の動きを実現している。

 7月13日のオープン当日と翌14日は、会場でヤンセン氏本人が「リ・アニメーション」という実際にビーストを動かす実演を行う。2日とも午前10時から午後5時まで1時間おきに15分程度実施予定。また、ヤンセン氏によるビーストの解説も行う。スタッフによるリ・アニメーションは会期中毎日実施する。

◆テオ・ヤンセン展
日時:2019年7月13日(土)〜9月1日(日)9:45〜17:30(入館は17:00まで)
会場:札幌芸術の森美術館(北海道札幌市南区芸術の森2丁目75番地)
入場料:一般1,300円(1,100円)、高大生800円(600円)、小中学生500円(300円)
※(  )内は前売りと20人以上の団体料金
※小学生未満無料

リセマム

「芸術」をもっと詳しく

「芸術」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ