【台風19号】首都圏在来線や新幹線など計画運休

10月11日(金)13時45分 リセマム

台風19号の進路予想

写真を拡大

大型で非常に強い台風19号の接近に伴い、鉄道事業者や航空各社は2019年10月11日、運転・運航を取りやめることを発表している。JR東日本が首都圏エリアの在来線と新幹線を12日から13日にかけて運休予定など、多数の便で運休・欠航される。

 気象庁が10月11日に発表した情報によると、台風19号は12日夕方から夜にかけて、非常に強い勢力を保ったまま東海地方または関東地方に上陸。その後、東日本から東北地方を北東へ進む見込み。12日から13日にかけては、東日本を中心に西日本から東北地方の広い範囲で猛烈な風が吹き、記録的な暴風となるところもある。台風本体の非常に発達した雨雲がかかるため、広範囲で記録的な大雨にもなる見込みだという。

 JR東日本では、台風19号の接近に伴い12日から13日にかけて、首都圏エリアの在来線と新幹線の運転を取りやめる予定。台風19号の影響によって旅行を見合わせる場合、JR東日本管内各線区を発着または経由する使用開始前の切符は、手数料無料で払戻しするという。

 JR東海でも東海道新幹線や在来線の運転計画を変更。東海道新幹線の東京駅〜名古屋駅間は12日始発から終日運転を取りやめ、名古屋駅〜新大阪駅間は12日朝の上下6本のみの運転とする。

 このほか、小田急電鉄は、12日始発から特急ロマンスカーの運転と東京メトロ千代田線との直通運転を休止。一般列車は、正午以降本数を減らし、午後3時以降の運転を取りやめる。13日は始発から午前中点検完了までの間、小田急全線で列車の運転を取りやめる。

 京王電鉄は、12日正午以降順次、本数を減らして運行。概ね午後2時ごろまでには、すべての列車の運転を取りやめる予定。

 東急電鉄は12日〜13日午前中にかけて東急全線で本数を減らした運転や計画運休を実施する予定。東武鉄道も12日から13日かけて、全線で計画運休を実施する可能性があるという。西武鉄道でも全線で12日午後1時以降順次、13日午前中まで運転を取りやめる予定としている。

 日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)など航空各社でも11日から13日にかけて、台風19号の影響により、多数の便で欠航を決定している。

 台風19号の計画運休については、国土交通省が10月11日、「鉄道の計画運休の実施についての取りまとめ」を更新し、取りまとめを踏まえた対応を行うよう各鉄道事業者などに周知。9月の台風15号の際、運転再開時に多くの利用者が駅に集中し、入場規制が行われるなど、運転再開の際の対応などが課題となったことを踏まえ、被害の具体的状況や点検・復旧作業の進捗状況などをきめ細かく情報提供することや、路線の状況に応じた情報提供の工夫などを求めている。

リセマム

「計画運休」をもっと詳しく

「計画運休」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ