【悲報】高須院長の顔がプリントされた布団カバー、やっぱり売れ残っていた

12月5日(木)10時0分 Jタウンネット

いぬばしりさんのツイートより

写真を拡大

みなさんは、寝具のデザインにはこだわるタイプだろうか。


筆者はあまりこだわらない。ただ、夢に影響しそうな柄や色だけは選ばないようにしている。


しかし、ツイッターユーザーのいぬばしり(@rrGUO56qH7x9AIn)さんが2019年12月1日に発見した布団カバーは、かなりの確率で夢に干渉してきそうだ。


新しい布団カバー買いにしまむら行って
夫が安けりゃ何でもいいだろって言うんだけど、これでもいいのでしょうか。 pic.twitter.com/F3pd3leNRS
- いぬばしり (@rrGUO56qH7x9AIn) December 1, 2019

美容外科医院「高須クリニック」統括院長・高須克弥氏の笑顔が複数プリントされた敷布団カバーだ。現在の高須氏だけでなく、若いころの高須氏の顔が、惑星や紙幣のイラストと共に一面に散りばめられている。


ツイートを見た人からの「買ったんですか?」というリプライにいぬばしりさんは「買ってないです」とその後の流れを返信。


元々は1200円だった商品が、半額以下の500円に値下げされているが、「安けりゃ何でもいいだろ」という夫に写真を送ったところ、


「安けりゃいいの範疇超えた」



と返信があったそうだ。


しまむらに聞いてみた



見れば見るほど衝撃的なこの商品、一体なぜできたのか。


Jタウンネット編集部は12月4日、しまむらの企画室を取材した。


担当者によると、こちらは6月19〜23日に一部店舗限定で行われた「店舗限定感謝セール」のために作られた商品で、全国の126店舗で発売された。


セールでは、「モンスターハンター」「名探偵コナン」などのキャラクターとコラボした寝具も販売され、高須クリニックとのコラボもそのうちの一つだそうだ。


敷布団カバー、掛布団カバー、まくら、まくらカバー、敷きパッド、長座布団、インテリアマットの7種類があり、いずれも高須氏の写真がプリントされている。


対象店舗で各商品が数点ずつ販売されたという。


商品ができた理由を担当者に聞くと、


「チラシ用の商品として、なにかお客様に喜ばれるものはできませんかね、というご相談をさせていただいたときに、寝具を作っていただいているメーカーさんから、いろんなコラボをやりませんか、とご提案を頂きまして、その中のひとつに入っていた、という経緯でございます」



結局のところ、高須クリニックとのコラボ商品はチラシには載らなかったそうだ。


しかし、高須氏自身がツイッターで宣伝したため、大きく話題になったという。


「高須先生がご自身のツイッターで告知をしてくださいましたので、リツイートですとか、そういったところで話題としては広がったんですけど、特に売れ行きが良かったとかそういうことは...。まあ、普通ですね」



と担当者。「もうほとんど在庫は無いと思いますが」と前置きしつつ、現在店頭に残っているものがあるとすれば、その時の売れ残りだと話した。


ツイッターで調べてみると、いぬばしりさんが発見したもの以外にも売れ残った商品を発見したユーザーは複数人おり、大幅に値引きされているものも少なくなかった。

Jタウンネット

「布団」をもっと詳しく

「布団」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ