仏花でつくる「極楽宝樹」がアレにそっくり 住職は「クリスマスとは無関係」と言うけれど...

12月27日(木)17時0分 Jタウンネット

以下画像は松崎智海(非売品僧侶)浄土真宗本願寺派永明寺住職matsuzakichikaiさんのツイート

写真を拡大

オシャレなディナー、可愛らしいプレゼント、シャンパングラスを片手に甘い夜を過ごした人が多い(かもしれない)クリスマス。


世間がクリスマスムード一色のなか、福岡県北九州市のとある住職は極楽にあるとされる七重に並んだ宝の樹「七重宝樹」を制作していた。でも、その見た目、アレにそっくりじゃない——?



「クリスマスとは一切関係ありません」


投稿したのは浄土真宗本願寺派永明寺(北九州市八幡東区)の松崎智海住職。Jタウンネットでも過去に、「これぞ『坊ヘミアン・ラプソディ』! クイーン映画に感動、住職の『迫真ショット』」という記事で登場した。


松崎住職は2018年12月22日、下の写真のような材料を集めて、七重宝樹を再現した様子をツイッターに投稿した。



松崎住職の投稿を受けてツイッターでは、


「なぜか何かに似てしまうw」
「これには阿弥陀様も法輪ナイト」

との声が寄せられ、松崎住職は都度丁寧に返答しながら時折、


「ハッピー法輪デイズ!」

と、コメントしていた。


Jタウンネット編集部が26日、松崎住職に話を聞くと、


「ぼくの想像力の限界かもしれないですけど、お経に書かれてある七重宝樹を再現しようとしたらこのような見た目になりました」

とのこと。念のため松崎住職にこれはクリスマスツリーではないのか聞くと、


「クリスマスとは一切関係ありません」

と、あくまでも七重宝樹であるそうだ。かねてより極楽にある七重宝樹を忠実再現しようとしたらクリスマスツリーのような見た目になるのではないかと考えていた松崎住職。世間がクリスマスムードで賑わうなか、


「折角なら仏教も忘れないでほしい。仏教のことを頭の片隅にでも置いておいてもらえたら」

そんな思いで昨年に次いで今年も投稿した。「なぜかこの時期百均でたくさん売っている宝珠」などを用いて制作。制作費は2000円弱だったそうで、かなりリーズナブルに作り上げたようだ。


ちなみに、松崎住職は24日のクリスマスイブに以下のようなツイートをしている。


【図解】これが永明寺の"ハッピー法輪デイズディナー"だっ!
リプに解説あります(^^)#坊さんがこんな夜だから本気出す pic.twitter.com/JWsepy8xES
- 松崎智海(非売品僧侶)@浄土真宗本願寺派♪永明寺住職 (@matsuzakichikai) 2018年12月24日

見事なクリスマスディナーと思えてしまうが松崎住職は、


「ぼく、絶対クリスマスはしないんですよ。ディナーは仏教徒として、もしぼくが食べるとしたらを再現したものです」

とのこと。お釈迦様への敬意を表現したものだそうだ。

Jタウンネット

「クリスマス」をもっと詳しく

「クリスマス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ