今日7日(木)の天気 関東など太平洋側は暖か 花粉飛散が心配

2月7日(木)5時15分 ウェザーニュース


2019/02/07 05:13 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東以西は春の陽気、東京も花粉対策を
・日本海側はザッと降る雨に注意
・北日本は雪エリア拡大、強い冷え込みも
・朝のうちは濃霧に注意


今日7日(木)は季節を分ける前線が日本付近をゆっくり南下します。前線通過のタイミングで雨や雪の降るところが多くなりそうです。

前線の南側は春の空気で、関東から西の太平洋側は気温が上がり、花粉の飛散が心配されます。

関東以西は春の陽気、東京も花粉対策を

関東から西の太平洋側は雲が多めながらも日差しが届きます。

気温の上がるところが多く、関東や東海、四国、九州南部は15℃を超えそうです。

特に風が吹く関東や、20℃前後まで気温が上がる九州南部などは、花粉が飛散する可能性がありますので、対策をしておくと良さそうです。

日本海側はザッと降る雨に注意

前線が南下する影響で、北陸から九州北部にかけての日本海側は雨が降りやすくなります。一時的にザッと強まることがあるため、お出かけには傘が欠かせません。

東海から九州にかけては太平洋側の地域でもにわか雨があるので注意してください。

北陸は雨の後にぐっと気温が下がり、内陸から雪に変わるところが増えてきます。急な雪への変化や体感の変化にご注意ください。

北日本は雪エリア拡大、強い冷え込みも

前線が南下するとともに北日本は冬型の気圧配置に変わり、寒気が流れ込んできます。
日本海側を中心に雪の降るところが多く、寒気の影響が強まる夕方以降は雪が強まりそうです。
短時間で積雪が急増するおそれがありますので、こまめな除雪が必要です。

朝のうちは濃霧に注意

千葉県成田市より(7日5時頃の様子)

関東から九州にかけて、濃い霧が発生しているところがあります。

日が昇るにつれてだんだんと解消に向かいますが、朝は視界不良にご注意ください。


ウェザーニュース

「花粉」をもっと詳しく

「花粉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ