東京など関東や九州北部でスギ花粉の飛散開始

2月8日(金)11時50分 ウェザーニュース


2019/02/08 11:54 ウェザーニュース

昨日7日(木)の関東地方は南部を中心に午後は南寄りの風が強まり、各地とも最高気温が15℃を超えました。

「雨上がり」「気温上昇」「強風」の花粉の飛ぶ条件が揃い、ウェザーニュース独自の花粉観測機「ポールンロボ」で花粉を捉え、花粉症の方からの症状報告も目立っています。

関東の一都六県と九州北部、山口県で今シーズンの花粉飛散が始まりました。

まだ半数近くは未対策

九州から東北のウェザーニュース会員に「花粉対策、始めてる?」と質問したところ、花粉症の方の半数近くが「まだ」との回答。

昨日7日(木)に今シーズンの花粉飛散が開始した関東や九州でも、対策を始めていない方が目立ちます。

今日8日(金)以降はしばらく寒い日が続くため、大量飛散とまではいかないものの、一度飛び始めると症状が出やすくなりますので、早めに対策を進めておいたほうが良さそうです。

関東は3月上旬頃がスギ花粉のピーク

関東のスギ花粉のピークは、3月上旬頃がピークとなりそうです。
3月中旬頃になるとスギ花粉のピークは越えますが、代わってヒノキ花粉の飛散が増えていきます。
3月下旬〜4月上旬頃がヒノキ花粉の飛散量がピークとなる予想です。


ウェザーニュース

「花粉」をもっと詳しく

「花粉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ