桜を前に寒気のいたずら! 東北

3月22日(金)12時16分 tenki.jp

桜前線がスタートしましたが、今週末の東北地方は、気温は平年より低く雪の降るところがあるでしょう。ただ、週明け25日(月)以降は再び気温が上がり、東北地方の桜のつぼみは順調に膨らみそうです。

桜を前に寒気のいたずら! 東北

雪やふぶき(路面凍結注意)

23日(土)から24日(日)は、冬型の気圧配置が続く予想です。上空5200メートル付近には、マイナス36度以下の強い寒気が流れ込んで、大気の状態が不安定になるでしょう。日本海側や北部を中心に雪が降り、ふぶいたり、24日(日)の昼ごろにかけては雷を伴って雪や雨の降り方が強まるおそれがあります。太平洋側南部も変わりやすい天気でしょう。日差しがあっても西よりの風が冷たく、強い風に乗って山沿いを中心に雪雲や雨雲が流れ込みそうです。

朝晩は霜降りる寒さ

23日(土)と24日(日)は、上空に流れ込む寒気の影響で、北部や内陸を中心に最低気温は氷点下の所が多いでしょう。霜の降りるおそれがありますので農作物の管理にご注意ください。また、日中も22日(金)よりも大幅に低く、最高気温は平年よりも低くなるでしょう。週末は寒さが戻り、22日との気温差が大きくなりますので体調を崩さないようお気をつけください。

来週は東北地方で桜開花

週明け25日(月)以降の気温は、最低・最高気温ともに平年より高い日が多い予想です。桜の花芽は順調に膨らんで、開花日は平年より早くなる見通しです。日本気象協会が東北地方の桜の開花予想をしている地点では、福島県いわき市小名浜がトップで、来週29日(金)に開花する予想です。仙台、福島の開花は4月1日の予想で、歴代記録を更新する早さで開花となった2018年より遅いものの、平年と比べると、かなり早い開花になりそうです。新生活のスタートは、桜の花が彩りを添えるでしょう。

tenki.jp

「東北」をもっと詳しく

「東北」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ