あすは西から雨 九州南部・奄美 大雨警戒

6月1日(土)16時53分 tenki.jp

あすは6月最初の日曜日。西〜東日本では雲が多いでしょう。九州では朝から雨が降り、夜には関東まで雨の範囲が広がりそうです。九州南部や奄美地方では土砂災害に警戒して下さい。

あすは西から雨 九州南部・奄美 大雨警戒

前線と湿った空気

6月初日のきょうは、本州付近は高気圧に広く覆われて、晴れた所が多くなりました。あすは、晴れをもたらす高気圧の中心が日本の東へと移動し、本州付近には南から湿った空気が流れ込む見込みです。また、九州の南には前線が停滞して、その周辺では特に大気の状態が不安定になりそうです。梅雨入りして間もない九州南部や奄美地方では、雨の降る量が多くなるおそれがありますので、大雨に警戒して下さい。

夜は関東まで傘の出番

沖縄と九州は雨で、局地的に非常に激しく降ったり、カミナリが鳴る所もありそうです。短い時間に降る激しい雨や落雷、突風などに注意して下さい。中国と四国は朝からスッキリしない天気で、昼頃から次第に雨が降るでしょう。お出かけには傘があると安心です。近畿と東海は次第に雲が増え、夜は所々で雨が降る見込みです。関東は雲が多く、午後は山沿いを中心に、にわか雨があるでしょう。山のレジャーは空模様の変化に注意して下さい。夜は遅くなるほど、千葉県や都心など南部では平野部でも、にわか雨があるかもしれません。北陸と東北南部はおおむね晴れる見込みです。東北北部と北海道は、日中は晴れる所が多いでしょう。
最高気温は、鹿児島は22度、福岡は24度の予想です。暑さが続いている鹿児島では、きょうより低く、もし、25度以上にならなければ、5月19日以来、2週間ぶりとなります。日差しが控えめな大阪や名古屋、東京も極端な暑さはないでしょう。空気はカラッとしませんが、各地とも前線の北側の領域にいますので、真夏ほどの蒸し暑さはない見込みです。海沿いではヒンヤリするくらいかもしれません。東北と北海道は比較的乾いた空気に包まれて、日中は過ごしやすい見込みです。

特に前線に近い九州南部や奄美地方では、先月ほどではない見込みですが、局地的に雨の降る量が多くなりそうです。前線の活動が予想より活発になると、大雨になるおそれがあります。あす夕方までに降る雨の量は多い所で、150ミリとなっています。土砂災害などに警戒して下さい。

tenki.jp

「九州」をもっと詳しく

「九州」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ