北海道 12日は大雨のおそれ

6月11日(月)15時27分 tenki.jp

12日(火)の北海道は、台風5号から変わる低気圧を含む3つの低気圧の影響で大雨のおそれ。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意が必要です。

北海道 12日は大雨のおそれ

台風が近づかなくても油断禁物

きょうの北海道は、天気が下り坂。夕方以降は南西部から雨の範囲が広がり、あすは大雨となるおそれがあります。

台風5号は、このあと日本列島から徐々に離れるように北上し、12日(火)には温帯低気圧に変わる見込みです。北海道に近づくことはありませんが、油断禁物です。12日(火)午前9時の予想天気図を見ると、台風から変わる低気圧が日本の東の海上に進み、日本海の低気圧が北海道に近づく見込みです。また、天気図には描かれていませんが、夜になると三陸沖にも低気圧が発生しそうです。元台風5号の低気圧からは非常に湿った空気が流れ込む中、日本海と三陸沖の低気圧に北海道は挟まれて、雨雲が発達しやすくなります。

雨はいつ、どこで、どのくらい降る?

あすは全道的にほぼ一日雨です。日本海側南部と太平洋側西部は午前中を中心に、オホーツク海側と太平洋側東部は午後、激しい雨に注意が必要です。風が強まり、横殴りの雨となるところもあるでしょう。

<予想される雨の量>
○11日12時〜12日12時までの24時間
日本海側南部、太平洋側西部 120ミリ
その他の地域 50ミリ
○12日12時〜13日12時までの24時間
太平洋側東部 100〜150ミリ
日本海側北部、オホーツク海側 50〜100ミリ

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに十分ご注意下さい。また、台風からのうねりが届いて波が発達します。高波にも注意が必要です。

tenki.jp

「北海道」をもっと詳しく

「北海道」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ