九州北部 各地でまとまった雨

6月11日(月)15時52分 tenki.jp

きょう(11日)の九州北部は気圧の谷が通過し、各地でまとまった雨が降りました。日中は気温の上がり方が鈍く、半袖ではひんやり感じました。あす(12日)も福岡市など対馬海峡沿岸は風が少し冷たいでしょう。

九州北部 各地でまとまった雨

きょう(11日)午後3時までの雨量

九州は、きのう(10日)日中は梅雨の晴れ間が出ましたが、夜は再び雨が降り始めた所が多くなりました。きょう(11日)は気圧の谷が九州付近を通過したため、午前中を中心に雨脚が強まり、通勤や通学の時間帯は雨傘を差しても足元がぬれるくらいの雨が降りました。きょう午後3時までの24時間雨量は長崎県の壱岐空港59.5ミリ、福岡県の宗像市57.0ミリなど、九州北部でまとまった雨でした。

九州北部 半袖だと少し寒いくらい

きょう(11日)の九州北部は曇りや雨で、北から湿った風が吹いたため、日中は気温の上がりが鈍くなりました。福岡市の最高気温(午後3時まで)は22.8度で、5月上旬並みにとどまるなど、半袖だと少し寒いくらいでした。
あす(12日)は九州各地、天気は回復へ向かいますが、福岡市や北九州市など対馬海峡沿岸は日差しが戻っても玄界灘や響灘からの北風が吹くため、風がひんやりするでしょう。内陸は冷たい北風の影響を受けにくく、からりとした暑さとなる見込みです。

tenki.jp

「九州」をもっと詳しく

「九州」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ