台風 各地への雨風の影響は 総雨量1200ミリ超も

8月14日(水)20時28分 tenki.jp

台風10号が、西日本を中心にお盆のUターンラッシュを直撃。総雨量は多い所で1200ミリを超える大雨となるおそれがあります。各地の雨や風の予想や警戒期間をまとめました。

台風 各地への雨風の影響は 総雨量1200ミリ超も

【台風の進路】あす15日 四国付近に上陸か

大型の台風10号は、14日午後6時現在、種子島の東南東約190キロを、1時間におよそ20キロの速さで北へ進んでいます。
中心の気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心の南東側280キロ以内と北西側170キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。また、中心の南東側600キロ以内と北西側520キロ以内では、風速15メートル以上の強い風が吹いています。

あす15日には、四国付近に上陸し、西日本を縦断するおそれがあります。その後、15日夜には日本海に達し、温帯低気圧に変わって、北日本に接近すると予想されます。

【各地の大雨警戒期間】多い所で総雨量1200ミリ超えのおそれ

すでに九州、四国、東海地方は雨の警戒期間に入っており、次第に警戒エリアは広がっていくと予想されます。九州から東海地方にかけて、あす15日を中心に、16日までは、台風本体と周辺の雨雲がかかり、猛烈な雨の降る所があるでしょう。

また、きょう(14日)に局地的に強い雨が降った関東地方も、あす15日夕方から夜にかけて、大気が不安定で局地的に大雨となるおそれがあります。

この台風による雨の総雨量は、多い所で1200ミリを超える大雨となるおそれがあります。特に西日本と東日本は太平洋側の南東斜面を中心に、降水量が多くなると予想されます。

14日18時〜15日18時までの24時間に予想される雨量は、四国地方で、多い所で1000ミリに達する大雨となるおそれがあります。
また台風の中心から離れている東海地方でも、多い所で700ミリの雨量が予想されています。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。また、大気の状態が不安定となっているため、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意してください。

【暴風・高波の警戒期間】15日朝は西日本で猛烈な風に警戒

徐々に風も強まっています。暴風域に警戒が必要なエリアは、次第に西に広がるでしょう。あす15日の朝には、西日本で猛烈な風が吹く所もありそうです。北陸地方では、まだ台風による風や波への影響は出ていませんが、台風が近づくあす(15日)夜には、非常に強い風の吹く所があるでしょう。ご注意ください。

15日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、四国地方で30メートル(40メートル)、九州北部地方、九州南部で27メートル(40メートル)、近畿地方、中国地方、奄美地方で25メートル(35メートル)となっています。

また、すでに西日本から東日本の太平洋側や南西諸島では、うねりを伴って大しけとなっていますが、これから15日にかけて、猛烈なしけとなるでしょう。
15日にかけて予想される波の高さは、四国地方で10メートル、東海、近畿、九州北部地方、九州南部で9メートルです。
また、北陸から北海道にかけても、台風や台風から変わる温帯低気圧の影響で、16日以降に非常に強い風に警戒が必要です。海上は大しけとなるでしょう。

さらに19日にかけて大潮の時期にあたるため、平常時の潮位が高くなっています。加えてあす15日の満潮時刻は、西日本に台風が接近している時間帯にあたる可能性があります。海岸や河口付近の低地での高潮に厳重に警戒してください。

tenki.jp

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ