さらに寒気南下 北海道〜東北の暴風雪と大雪いつまで

12月3日(火)20時5分 tenki.jp

あす4日以降、真冬並みの寒気が南下する見込みです。北海道から東北にかけて、暴風雪は4日まで、大雪は5日まで警戒が必要です。

さらに寒気南下 北海道〜東北の暴風雪と大雪いつまで

西高東低の冬型の気圧配置 あす以降も暴風雪・大雪続く見込み

3日、日本付近は西高東低の強い冬型の気圧配置になっています。
雲画像を見ますと、北海道から中国地方の日本海側にかけては、日本付近に流れ込む寒気の強さを表す筋状の雲がはっきりと映っています。
北海道や東北の日本海側を中心に、この筋状の雲が流れ込み、各地で雪や雨が降っています。また、等圧線の間隔が狭くなっているため、最大瞬間風速20メートル以上の、何かにつかまっていないと立っていられないような強い風吹いています。
3日午後7時現在、北海道の日本海側を中心に、暴風雪警報や暴風警報が発表されています。

この冬型の気圧配置はあす4日も続く見込みです。そのため、各地ともきょうと同じような天気になるところが多く、北海道から東北の日本海側にかけての雪や暴風はあすも続くでしょう。

4〜5日 強い寒気がさらに南下 雪の範囲広がる

さらに、4日は、上空の寒気がさらに南下する見通しです。北海道の上空1500メートル付近には、きょうよりも強い-18度の真冬並みの寒気が流れ込み、雪雲が発達するでしょう。大雪に警戒が必要です。
また、4日から5日にかけては、平地で雪の目安となる上空1500メートル付近の気温-6℃の寒気が、北陸付近まで南下してくる見込みです。そのため、北陸地方でも山沿いを中心に雪となりそうです。近畿や中国地方でも、標高の高いところでは雪が混じるでしょう。

北海道〜東北 暴風雪・大雪に警戒が必要な期間

<暴風雪>
3日夜に、オホーツク海上の低気圧が勢力を強める見込みです。気圧の傾きがさらに強まると予想されるています。このため、4日も北海道から東北地方にかけてこの冬の嵐は続く見込みです。きょう以上に、暴風や猛ふぶき・吹きだまりによる交通障害に十分警戒・注意してください。

<大雪>
北海道や東北の日本海側を中心とした大雪への警戒は、5日まで続く見通しです。

この後も最新の気象情報を確認して、不要な外出を控えたり、やむを得ず外出する際は、慎重な行動を心がけてください。

tenki.jp

「北海道」をもっと詳しく

「北海道」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ