ジェラルド・バトラー、地球を救うため「12時間も吊られっぱなし」

1月18日(木)14時30分 シネマカフェ

『ジオストーム』(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

写真を拡大

世界の天候を完全管理する気象コントロール衛星が大暴走、超異常気象を各地で次々と引き起こすディザスター・アクション大作『ジオストーム』。本作で主演を務めるのは、『300〈スリーハンドレッド〉』で屈強な王を演じ、『エンド・オブ・ホワイトハウス』シリーズでは大統領を救ってきたジェラルド・バトラー。そのジェラルドが本作で激闘した撮影について明かしてくれた。



本作の主人公で気象コントロール衛星“ダッチボーイ”の暴走を食い止めようと奮闘する科学者ジェイクを演じているジェラルド。“ダッチボーイ”は通常、地球と同じレベルの環境が整い、スタッフが地上での生活と違和感を感じないように整備されていた。だが、今回の暴走でいくつものシステムがダウン。人間が普通に生活するために必要な重力さえも失われてしまうのだ。


そこで登場するのが、役者を吊るし、あたかも無重力のような演出を施すために必要なワイヤーでの撮影。このワイヤーを使っての演技について、ジェラルドは「何人かの本当の宇宙飛行士が、無重力についてアドバイスしてくれたんだ。劇中で多くのことが無重力状態で起きる。でも撮影は地球上で撮っているから、当然重力があるよね(笑)。だから訓練が必要なんだ」と明かす。


『300』とは「全く違う大変さがあった」
「ワイヤーにぶら下がるのは問題ないよ。でもワイヤーにぶら下がって、まったく何の苦労もしていないように見せないといけないんだ。1本のワイヤーしかなくて、文字どおり揺れている。だけど、揺れていないように見せないといけないのが本当に大変なんだ。『300』のときとは全く違う大変さがあったね(笑)」とふり返り、ワイヤーで吊るされながら無重力下であるかのように見せる撮影の大変さを吐露した。


そして演技を難しくしたもう1つの理由が、彼が着る“フライトスーツ”だった。このフライトスーツは、NASA(アメリカ航空宇宙局)と長年仕事をしており、アポロ、ジェミニ、マーキュリー計画にならってフライトスーツを作ってきた「グローバル・エフェクツ社」製のもの。本物のフライトスーツを基にデザインされているため、実際の無重力用として作られていた。その重さはなんと約30kg! この重いスーツを着ての演技は確かに想像を絶するものだったようだ。




「本当に素晴らしい仕事をしてくれた」と監督絶賛
しかし、この大変な苦労を経て完成したシーンはとても完成度の高いものとなったようで、本作の監督ディーン・デブリンは「ジェラルドや特殊効果チームは本当に素晴らしい仕事をしてくれたよ! 彼らの熱意と技術に感服した! 地球の存亡をかけた緊張感のあるシーンで、私が望んだ緊迫感と興奮を見事に表現してくれたんだ!」と興奮気味に語っている。


また、ジェラルドは本作で一番つらかったシーンを問われると「あるシーンで、衛星のコントロール・ルームの中に入っていくシーンがあるんだけど、吊るされながら部屋中を転がったりするシーンがあったんだ。あれは辛かったよ…。15分でも不快なのに、12時間も吊られっぱなしだったんだ…」と話し、ワイヤーでの演技の恐怖を最後まで語っていた。

たった300人で100万人の敵をなぎ倒した『300』の王さえも恐怖に陥れる無重力演技。寒波、熱波、地割れ、洪水、竜巻、雷、そして雹から地球を救うべく激闘する、彼の姿に注目だ。


『ジオストーム』は1月19日(金)より全国にて公開。

シネマカフェ

「地球」をもっと詳しく

「地球」のニュース

BIGLOBE
トップへ