佐藤健、朝ドラヒロイン永野芽郁に「大スターになれる」と太鼓判!

1月18日(木)13時37分 シネマカフェ

永野芽郁&佐藤健/「半分、青い。」スタジオ取材会

写真を拡大

永野芽郁佐藤健が1月18日(木)、NHK放送センターで行われた、連続テレビ小説第98作「半分、青い。」スタジオ取材会に出席した。昨年10月に岐阜県でクランクインして約2か月が過ぎたが、佐藤さんは「手応えを感じまくっています。永野さんはきっと大スターになります。期待してもらって大丈夫です」と熱弁を振るった。

■永野さん「スターに『スターになれる』といわれたからなれるのかな…」
「半分、青い。」は、故郷である岐阜と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロイン・鈴愛(すずめ)が、高度経済成長期の終わりから、現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げるまでを描いた物語。脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品としても注目を集めている。

鈴愛の幼なじみ萩尾律を演じる佐藤さんは「まず台本を読んで、鈴愛というキャラクターが大好きになりました」と語ると「正直、誰が演じても鈴愛という人物の魅力があるので、ブレイクするのかなと思っていたのですが、実際お芝居している永野さんは、鈴愛そのもので、シンクロ率100%。堂々としているし、怖気づかない。自分のペースでお芝居ができる人」と賞賛が続いた。


そんな佐藤さんの「大スター」発言に「なに言っているんでしょうね」と照れ笑いを浮かべていた永野さんだったが「スターの佐藤さんに『スターになる』と言っていただけたので、スターになれるのかなと期待しています。佐藤さんは本当に安心感があり、いい意味でお芝居のとき、なにも考えないでいられます」と語っていた。


■岐阜弁に奮闘中!「最近では友だちとの会話でも…」
前半は岐阜が舞台での撮影が続き、岐阜弁での演技にも注目が集まるが、永野さんは「2か月経ってようやく岐阜弁に慣れてきました。ダメ出しもいっぱいされていますが、最近では友だちとの会話でも岐阜弁になってしまうのです」と役になりきっていることを明かすと、佐藤さんは「キャラクターによって岐阜弁の強さが違うんです。そういった細かな部分にも北川さんの脚本へのこだわりを感じています」と語っていた。


そんな北川脚本に制作統括の勝田夏子氏は「筆力が圧倒的。どうしてこんなシーンが書けるのだろうと思うシーンがたくさんあります。主人公は片耳の聴力が失われていますが、シビアな局面での人間の描き方が北川さんらしいオリジナリティに溢れています」と期待を煽っていた。

連続テレビ小説「半分、青い。」は4月2日(月)よりNHKにて放送開始。全156話。

シネマカフェ

「永野」をもっと詳しく

「永野」のニュース

BIGLOBE
トップへ