“美内すずえの小学生時代の絵日記”オークションに出品 本人否定「まったくの偽物です。手を出さないで」

10月23日(火)11時16分 BIGLOBEニュース編集部

画像は「第1回 Tokyo Culture Auction」サイトより/美内すずえ氏の「小学生時代のスケッチ・絵日記」とされる出品物

写真を拡大

「ガラスの仮面」などで知られる漫画家・美内すずえ氏の「小学生時代のスケッチ・絵日記」という作品がオークションに出品される。美内氏は、この作品は偽物だとして買わないよう注意を呼びかけている。


東京・神保町では11月3日、4日にボヘミアンズ・ギルド(夏目書房)主催の「第1回 Tokyo Culture Auction」が開催。このオークションに美内氏の「小学生時代のスケッチ・絵日記」とする作品が出品される。作品は、スケッチ8枚と小学2年生当時の絵日記5冊の計13点をセットにしたもの。中には「あたらしいまんが お母さんとバレー」という名前入りの漫画もあり、評価額は6万円から15万円となっている。


この作品がオークションに出品されることを知った美内氏は、23日にTwitterで「まったくの偽物です。手を出さないで下さい」と注意喚起。「最近、このような偽物が多く、困っています。私は自分の子供時代の絵や、漫画作品を売りに出したりしません」と説明している。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「美内すずえ」をもっと詳しく

「美内すずえ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ