レアル対PSG、注目は監督にも…“タイトルコレクター”同士の激突に

2月14日(水)16時45分 サッカーキング

レアルを率いる(左)ジダン監督とPSGを率いる(右)エメリ監督 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグのレアル・マドリード対パリ・サンジェルマン(PSG)戦が14日、サンティアゴ・ベルナベウで行われる。この一戦は2016年以降、欧州主要リーグで最も多くのタイトルを獲得した監督同士の一戦でもあるようだ。13日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 ジネディーヌ・ジダン監督は2016年1月にレアル・マドリードの監督に就任すると、2016−17シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を制覇したのを皮切りに、これまで8個のタイトルを獲得。同クラブの指揮官としては、ミゲル・ムニョス氏の14個に次ぐ2番目に多いタイトル数を誇る。

 一方、PSGを率いるウナイ・エメリ監督も、2016年以降に5個のタイトルを手に入れている。セビージャを率いていた2016年5月にヨーロッパリーグ(EL)優勝を成し遂げると、同年夏に就任したPSGでは、1年目でトロフェ・デ・シャンピオン(フランス・スーパーカップ)、クープ・ドゥ・フランス(フランスカップ)、クープ・ドゥ・ラ・リーグ(フランスリーグカップ)の3冠を達成。今シーズンも、トロフェ・デ・シャンピオンを制覇した。

 同紙によると、欧州主要リーグにおいて、最近2年間で両指揮官以上にタイトルを獲得した監督はいないという。今回はまさに、欧州における"タイトルコレクター"同士の激突とも言えるだろう。

 なお、ジダン監督とエメリ監督は過去に1度だけ対戦したことがある。2016年3月20日に行われたリーガ・エスパニョーラ第30節のこと。ジダン監督が指揮するレアル・マドリードは、エメリ監督率いるセビージャをホームに迎え、4−0で快勝した。

 エメリ監督がPSGの指揮官に就任してからは、初の対戦となる今回の一戦。果たして、どちらに軍配が上がることになるだろうか。

■2016年以降の獲得タイトル
▼ジネディーヌ・ジダン監督(レアル・マドリード):8個
チャンピオンズリーグ:2015−16、2016−17
UEFAスーパーカップ:2016、2017
FIFAクラブワールドカップ:2016、2017
リーガ・エスパニョーラ:2016−17
スーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ):2017

▼ウナイ・エメリ監督(パリ・サンジェルマン):5個
ヨーロッパリーグ:2015-16(注:セビージャの監督として)
クープ・ドゥ・フランス(フランスカップ):2016−17
クープ・ドゥ・ラ・リーグ(フランスリーグカップ):2016−17
トロフェ・デ・シャンピオン(フランス・スーパーカップ):2016、2017

(記事/Footmedia)

サッカーキング

「トルコ」をもっと詳しく

「トルコ」のニュース

BIGLOBE
トップへ