ルクレール「スピンでフロアを破損、ポジションを下げた」/ザウバー F1中国GP日曜

4月17日(火)11時39分 AUTOSPORT web

 2018年F1第3戦中国GP決勝で、ザウバーのマーカス・エリクソンは16位、シャルル・ルクレールは19位だった。


■ザウバーF1チーム

マーカス・エリクソン 決勝=16位


 スタートは良かった。ただ、その直後にコーナーでコースオフしてしまい、いくつかポジションを失った。全体としてみると、このレースは2つのフェーズに分けられる。前半はソフトタイヤで走り、バランスがあまり良くなくて少々苦戦した。


 そして、ミディアムに交換してからの後半は、中団グループの下位に追いついて、彼らと同じペースで走ることができた。まず、今日のデータをよく調べた上で、次のアゼルバイジャンでのレースに向けての準備を始めたい。


シャルル・ルクレール 決勝=19位

 理想的なレースではなかったね。僕はソフトタイヤでスタートして、自分では満足のいくペースで走れたし、中団グループに食い込むことができた。だけど、ミディアムタイヤに交換してまもなく、スピンしてグラベルに入ってしまったんだ。


 その時にフロアのどこかを壊したようで、クルマのバランスがおかしくなり始めて、残念なことに、それでいくつかポジションを下げることになった。これからデータを調べて、バクーではできる限りのベストな仕事ができるように、しっかりと準備をするつもりだ。


AUTOSPORT web

「ザウバー」をもっと詳しく

「ザウバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ