クビサ、2019年シーズン限りでウイリアムズF1を離脱。「F1復帰を支援してくれたチームに感謝」

9月19日(木)22時15分 AUTOSPORT web

 ロキット・ウイリアムズ・レーシングは、2019年シーズン限りでロバート・クビサがチームを離脱することを発表した。


 2011年にラリーで大クラッシュを喫したクビサは、2017年にルノーやウイリアムズでF1マシンのテストを重ね、2018年にウイリアムズのリザーブドライバーに就任。母国ポーランドの石油会社『PKNオーレン』からの支援もあり、クビサは2019年シーズンのウイリアムズのシートを獲得し、8年ぶりのF1へ復帰した。


 しかしながら2019年シーズンもウイリアムズの苦戦は続いており、クビサは今年限りでチームを離れるのではないかという噂が報道されていた。その噂通り、クビサはわずか1年でウイリアムズを去ることを決断した。


 クビサは、チームの公式サイトにおいて次のように語った。


「この2年間のこと、F1への復帰を支援してくれたことについて、チームに感謝したい。ウイリアムズでリザーブ&開発ドライバーとして、そして今年はレースドライバーとして自分の時間を楽しんできたが、今は自分のキャリアにおいて次の章に進むべき時だと感じている」


 またチーム副代表を務めるクレア・ウイリアムズは、クビサの決断について次のように述べた。


「ロバートの努力に感謝し、2019年シーズンをもってチームを離れるという彼の決定を尊重します」


「ロバートは、リザーブ&開発ドライバーとしての役割と、2019年のレースドライバーとしての役割の両方において、チームの重要なメンバーでした。厳しい2シーズンにおける彼の継続的な努力に感謝します。彼の今後の成功を祈っています」


 ウイリアムズの2020年シーズンのドライバーラインアップは、近日中に発表されるという。


AUTOSPORT web

「ウイリアムズ」をもっと詳しく

「ウイリアムズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ