WTCCもてぎ:ヘビーウエットのFP2はホンダ勢がトップ3を独占。道上龍が2番手につける

10月29日(日)8時52分 AUTOSPORT web

 10月29日、栃木県のツインリンクもてぎでWTCC世界ツーリングカー選手権の日本ラウンドのフリープラクティス2が行われ、ノルベルト・ミケリス(ホンダ・シビックWTCC)が最速に。ホンダ勢はトップ3を独占し、道上龍(ホンダ・シビックWTCC)が2番手につけている。


 中国からのマシン、資材の到着遅れによって、10月28日(土)にフリープラクティス1が行われた後、29日(日)にフリープラクティス2、そして予選、決勝がすべて行われるスケジュールのWTCCもてぎ戦。ただ、日本列島には台風22号が接近しており、この日のもてぎも朝から雨模様となった。


 そんななか、午前8時からスタートしたフリープラクティス2は、朝からの雨もありヘビーウエットというコンディション。ホンダ勢を先頭に周回が重ねられていくが、コース各所で多くのマシンがスライド状態になったりと、非常に走行には厳しいコンディションとなった。


 45分間のフリープラクティス2では、ネストール・ジロラミ(ボルボS60 WTCC)やフィリペ・ソウザ(ラーダ・ベスタWTCC)がコースアウトしストップするシーンもあったが、レッドフラッグは最終的に残り3秒という段階で、ロブ・ハフ(シトロエンC-エリーゼWTCC)がV字コーナーでコースアウトした際の一度きりに。走行はそのまま終了した。


 好調ぶりをみせたのは、地元で期待がかかるホンダ・シビックWTCC勢だ。最終的にトップタイムをマークしたのは、フリープラクティス1に続きミケリスが最速。そして、2番手には初日3番手と期待がかかる道上がつけ、ここまではホームレースで素晴らしい速さを披露している。


 3番手には、ティアゴ・モンテイロの代役を務めるエステバン・グエリエリ(ホンダ・シビックWTCC)とホンダ勢がトップ3を独占。前戦中国ラウンドでのペナルティがあり、前ラウンドでの得点が剥奪されていることもあり、ホンダ勢は地元で大量得点を稼ぎたいところだろう。4番手にはトム・チルトン(シトロエンC-エリーゼWTCC)、ニッキー・キャツバーグ(ボルボS60 WTCC)が5番手に続いた。


 WTCCもてぎはこの後午前9時40分から予選、そしてMAC3が行われる。


WTCC世界ツーリングカー選手権 ツインリンクもてぎ フリープラクティス2結果

































































































































PosNoDriverCarTime
15N.ミケリスホンダ・シビックWTCC2'08.935
234道上龍ホンダ・シビックWTCC2'09.443
386E.グエリエリホンダ・シビックWTCC2'09.928
43T.チルトンシトロエンC-エリーゼWTCC2'09.956
563N.キャツバーグボルボS60ポールスターWTCC2'10.545
668Y.アーチャーラーダ・ベスタWTCC2'10.615
762T.ビョークボルボS60ポールスターWTCC2'10.653
812R.ハフシトロエンC-エリーゼWTCC2'11.252
925M.ベナーニシトロエンC-エリーゼWTCC2'11.930
1024K.グリーソンラーダ・ベスタWTCC2'12.024
119T.コロネルシボレーRMLクルーズTC12'12.711
1211K.リチャードシボレーRMLクルーズTC12'12.972
1327J.フィリッピシトロエンC-エリーゼWTCC2'13.001
1426F.デ・ソウザラーダ・ベスタWTCC2'14.585
1599D.ナギホンダ・シビックWTCC2'14.956
1566Z.デビッド・サーボホンダ・シビックWTCC2'18.751
1561N.ジロラミボルボS60ポールスターWTCCNo Time

ノルベルト・ミケリス(ホンダ・シビックWTCC)
トム・チルトン(シトロエンC-エリーゼWTCC)
ニッキー・キャツバーグ(ボルボS60 WTCC)
ヤン・アーチャー(ラーダ・ベスタWTCC)


AUTOSPORT web

「ホンダ」をもっと詳しく

「ホンダ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ