エヴァートン新指揮官がオーバメヤン獲得を熱望…約91億円を用意

12月8日(金)11時25分 サッカーキング

エヴァートンのアラダイス新監督がオーバメヤンの獲得を熱望しているようだ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 エヴァートンが、ドルトムント所属のガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンの獲得に興味を示しているようだ。イギリス紙『デイリーミラー』が7日付で報じている。

 報道によると、先月30日にロナルド・クーマン前監督の後任として、エヴァートンの新指揮官に就任したサム・アラダイス監督が前線の強化を図り、オーバメヤンの獲得を熱望している模様。

 エヴァートンは獲得費用として6000万ポンド(約91億円)を用意。最短で今冬の獲得を目指すようだ。

 先日、ドルトムントが放出を検討していると報じられていたオーバメヤンには、チェルシーなどのビッグクラブが関心を示していた。

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エヴァートンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ