信越線 運転士の対応に感動の声

【信越線立ち往生】運転士が一人で除雪作業、乗客から「頑張れ!」とエール…ツイッターでの現場報告が話題に 

1月13日(土)10時55分 産経新聞

JR信越線の普通電車が新潟県三条市で約15時間半、立ち往生したトラブルで、乗客の男性がツイッター上で「JRの方の苦労、ありがたみや頑張りをすごく身近に感じました」などと運転士の対応を称賛し話題になっている。この男性は11日のツイッターに「思ったことをまとめたのでぜひ見てください」と当時の状況を報告。…

記事全文を読む

「信越本線」のこれまでの出来事

信越本線をもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • この運転士は、ハレノヒ福岡店の店長が独断で新成人の着付け対応したこととよく似てる。何とかしなくちゃという人間味溢れる行動。

  • 一人で除雪してた映像は運転手さんだったんだね。乗客は誰も手伝おうとしなかったんだね!

  • すると問題は、司令というデスクワークでぬくぬくしてる奴らにあるんだな。新幹線もそうだったし。現場を知らないままやってるんだろう。

  • 日本人としての底力を感じますね。お疲れ様でした!

  • この事故は立ち往生起きた後の対応がベストだったと聞く。一番は運休すればよかったのだが

全件表示する

BIGLOBE
トップへ