瀧出演で助成金不交付 疑問の声

ピエール瀧の出演映画が「助成金不交付」に ネット「作品にも罪はない」、署名活動も始まる

10月21日(月)14時16分 J-CASTニュース

文部科学省所管の独立行政法人「日本芸術文化振興会」が、映画「宮本から君へ」(2019年9月27日公開)について、内定していた助成金1000万円の不交付を決定したことが分かったことをめぐり、ネット上では批判の声が集まっている。「宮本から君へ」は同名漫画が原作で、18年4〜6月にテレビドラマ化された。今…

記事全文を読む

「ピエール瀧」をもっと詳しく

「ピエール瀧」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • モンクは犯人に言え。芸術は公金目当てかよ。

  • ?犯人に支払わせればいいんじゃない。国に文句言うレベルではないし、商業ベースの映画に何で金を出さねばならないのかが全く分からない。

  • 原作には罪はないが、瀧出演映画はまた別の話。最低でも、映画内の瀧を観た若者に、薬をやっても大丈夫じゃんと思わせた罪は大きい。

  • 表現の自由を捻じ曲げて強硬開催し、あまつさえ交付金までせしめようとする不自由展を血税で賄ってまだ金、金か?作品に罪はないとほざくがあんな醜悪で卑しいなものなど罪はおおありだ。開催したいなら自腹でやれ!

  • 薬物中毒者は追放しろ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ